勤め先への在籍確認は必要なんでしょうか?

カードローンやキャッシングを申し込むには審査があります。

ちょっとのお金を工面しないといけないとなった時、銀行だと審査に時間がかかりそうなので、消費者金融を選ぶ方も少なくないと思います。

ですが、消費者金融でもしっかりと審査があり、その審査の中でも在籍確認に関してはちょっと不安を抱く方もいらっしゃるでしょう。

 

なぜ、在籍確認の審査は必要なんでしょうか。

そう感じる方もいらっしゃるでしょう。

申込みの段階で、いろいろ記入することがあります。自身の情報、そして勤務先の名称、住所、電話番号、勤続年数、年収など。
書いたんだからもう充分だろう。とお考えになると思います。
確かに以前はそれでも大丈夫でした。
ですが、それを大丈夫としたため、虚偽の報告が増えてしまいました。無職なのを偽って、借入れをしました。借りるだけ借りて、収入が無いわけですから、当然返済はできません。収入が無いから、さらに他から借りて多重債務者となるか、自己破産者になるか、返済しないまま逃げる等のことが行われていました。中には大企業の名を拝借して多額の融資を受けるとんでもない輩もいたようです。

 

返済能力のない多重債務者が一気に増え、自己破産者が増えました。

それを食い止めるために、審査は厳しくなり、条件も制限も加わって、金融に関する法律も厳しくなりました。

最近は少し落ち着いてきたと思います。
消費者金融は独自の審査基準を設け、審査情報の元に適切に融資をするようになりました。

 

審査の時間はどんどん短縮されてきました。そして、在籍確認という確実な方法で虚偽の申請が無いかを判断するようになりました。

 

消費者金融が融資の判断をするのに、最も重要視しているのが返済能力です。
毎月一定の収入が無いと、毎月の返済は厳しいと考えています。以前のように、毎月の返済のために他の消費者金融からお金を借りるということは許されなくなりました。
アルバイトでもパートであっても、月収の額が少なくても、一定の収入があることが確認できれば、どんな方も借入れが可能といえます。

  • 2015/03/06 18:55:06